活動内容

これまでの研究会やイベントを紹介します。
(先端深海観測技術研究会としての活動も含みます)

令和3年度第1回海を拓く現場計測研究会

海を拓く現場計測研究会 令和3年度・第1回研究会を「生物付着技術の最前線」をテーマとして開催いたしました。講演者の皆様には生物付着の実情と、それを解決するための新たな技術についてご講演頂きました。特に、発電所などでの生物付着の現状など、貴重なお話を伺うことができました。講演者の皆様、ご参加頂きました会員の皆様に篤く御礼申し上げます。ありがとうございました。

テーマ

  • 「生物付着技術の最前線」

開催概要

  • 日時:2021年7月16日(金) 14:00~
  • 場所:COVID-19感染症拡大防止のため、ZoomでのWEBリモート開催
  • 14:00 - 14:05開催挨拶(代表幹事 福場 辰洋)
  • 14:05 - 14:45講演1「マイクロ流体アプローチによる分子・細胞解析と生物付着防止への応用」/金 秀炫:東京大学生産技術研究所・講師
  • 14:45 - 15:25講演2「海洋観測機器の生物付着防止の最前線」/福田達也 国立研究開発法人海洋研究開発機構・技術副主幹、  福場辰洋 国立研究開発法人海洋研究開発機構・主任研究員
  • 15:25 - 15:40コーヒーブレイク
  • 15:40 - 16:20講演3「発電所における付着生物対策の現状」/野方靖行 電力中央研究所 環境科学研究所 生物環境領域 上席研究員
  • 16:20 - 17:00講演4「新たな機能により生物付着を防止する船底防汚塗料」/鷹尾雄祐 日本ペイント株式会社 技術本部 技術部 技術グループ グループマネージャ
  • 17:00 - 17:05閉会挨拶(幹事 下島 公紀)
  • 令和2年度第3回海を拓く現場計測研究会

    海を拓く現場計測研究会の今年度最後となります令和2年度・第3回研究会を「極域観測の今・未来」というテーマでリモート開催しました。極域研究の最前線に関わっておられる講師の皆様に、極域における観測の実際と将来展望、サロマ湖観測の現状と新たな観光砕氷船の就航、そして氷塊下をめざす探査機の開発の現場についてご講演いただきました。講演者の皆様、ご参加頂きました会員の皆様に篤く御礼申し上げます。ありがとうございました。

    テーマ

    • 「極域観測の今・未来」

    開催概要

    • 日時:2021年2月19日(金) 14:00~
    • 場所:COVID-19感染症拡大防止のため、ZoomでのWEBリモート開催
    • 14:00 - 14:05開催挨拶(幹事 尾張聡子)
    • 14:05 - 14:45講演1「北極海の海氷観測」/大塚夏彦:北海道大学・教授
    • 14:45 - 15:25講演2「南極域の分野横断観測とその展望」/野木義史:国立極地研究所・教授
    • 15:25 - 15:40コーヒーブレイク
    • 15:40 - 16:20講演3「サロマ湖観測の現況」/舘山一孝:北見工業大学・准教授
    • 16:20 - 17:00講演4「北極海氷下観測ドローン「COMAI」の開発」/石橋正二郎:国立研究開発法人海洋研究開発機構・主任研究員
    • 17:00 - 17:05閉会挨拶(代表幹事 藤井輝夫)

      令和2年度第2回海を拓く現場計測研究会

      令和2年度の第2回研究会を、「海洋ゴミ・プラスチック研究と計測技術」というテーマでWEBリモート開催しました。海洋マイクロプラスチック、海洋ゴミの現状に関する最新の研究成果、さらには生分解性プラスチックの研究動向について、非常にわかりやすく講師の皆様にご講演いただきました。また、今回は非常に多くの方にご参加いただきましたこと、篤く御礼申し上げます。ありがとうございました。

      テーマ

      • 「海洋ゴミ・プラスチック研究と計測技術」

      開催概要

      • 日時:2020年12月7日(月) 14:00~ (13:30 Zoom入室開始)
      • 場所:COVID-19感染症拡大防止のため、ZoomでのWEBリモート開催

      プログラム

      • 14:00 - 14:05開催挨拶(幹事 福場 辰洋)
      • 14:05 - 14:45講演1「海洋ごみと海洋マイクロプラスチック研究のための観測の現状」/内田 圭一:東京海洋大学・准教授
      • 14:45 - 15:25講演2「海洋マイクロプラスチックの採集および分析の問題点と研究航海報告」/山下 麗 東京大学大気海洋研究所・特任研究員
      • 15:25 - 15:40コーヒーブレイク・代表幹事挨拶
      • 15:40 - 16:20講演3「深海プラスチックの研究」/中嶋 亮太 国立研究開発法人海洋研究開発機構・副主任研究員
      • 16:20 - 17:00講演4「海洋生分解性プラスチックの技術開発」/粕谷 健一 群馬大学 理工学府 分子科学部門・教授
      • 17:00 - 17:05閉会挨拶(幹事 福場 辰洋)

      令和2年度第1回海を拓く現場計測研究会

      令和2年度の第1回研究会を、「海洋計測の最前線2020」というテーマでWEBリモート開催しました。海洋計測の現状に関する認識を共有させていただくため、本研究会幹事を中心に、各専門分野における最先端の海洋計測の現状についてトピックスを紹介させていただきました。また、会員企業の皆様にも、現在の最新の取り組みや新商品などのプレゼンをいただきました。ありがとうございました。

      テーマ

      • 「海洋計測の最前線2020」

      開催概要

      • 日時:2020年8月28日(金) 14:00~ (13:30 Zoom入室開始)

      プログラム

      • 開催挨拶/代表幹事 藤井輝夫
      • 講演1「東京大学のコロナ対策の現状と今後の研究活動の展望」/ 藤井 輝夫:東京大学生産技術研究所・教授
      • コーヒーブレイク
      • 講演2「小型センサと海洋計測プラットフォームによる海洋計測」/ 下島公紀:東京海洋大学・教授
      • 講演3「現場流れ分析の最前線と今後の研究の展望」/ 福場 辰洋:JAMSTEC・研究プラットフォーム運用開発部門・副主任研究員
      • コーヒーブレイク
      • 講演4「ウイズコロナ時代の海洋観測」/許正憲:JAMSTEC・研究プラットフォーム運用開発部門・特任上席研究員
      • 講演5 会員企業様によるプレゼン
      • オンライン情報交換会

      令和1年度第2回先端深海観測技術研究会

      令和1年度の第2回研究会を、「レアアース現場計測技術の新展開」というテーマで、東京大学生産技術研究所にて開催しました。今回の研究会では未利用の天然資源として大きなポテンシャルが確認されている「海洋レアアース資源」をテーマとし、その基礎から現状そしてその現場計測に挑む最新技術の展開に関する講演会を企画しました。今回は、海洋レアアース泥研究の最前線について、東京大学の中村謙太郎先生にお話を伺いました。また、全く新たな手法によるレアアース元素の現場計測を目指した最先端の研究について、東京大学の南豪先生、クレモン・ニコラさんに講演頂きました。

      テーマ

      • 「レアアース現場計測技術の新展開」

      開催概要

      • 日時:2019年10月9日(水) 14:00~ (13:30 受付開始)
      • 場所:東京大学生産技術研究所 F棟7階会議室 FW701

      プログラム

      • 開催挨拶/幹事 福場辰洋
      • 講演1「新しい海底鉱物資源「レアアース泥」」/中村謙太郎 東京大学大学院工学系研究科・准教授
      • コーヒーブレイク
      • 講演2「Nanoscale sensors towards deep-sea measurement of rare-earth elements」/クレモン ニコラ:東京大学生産技術研究所・外国人客員研究員
      • 講演3「金属イオン類の簡便な検出を指向した化学センサの開発」/南 豪:東京大学生産技術研究所 物質・環境系部門・准教授/東京大学卓越研究員
      • 交流会(会費制)
      講演の様子 講演の様子 講演の様子

      令和1年度第1回先端深海観測技術研究会

      令和1年度の第1回研究会を、「地球深部に迫る極限海洋計測技術」というテーマで、清水港入港中の「ちきゅう」船内にて開催しました。今回は、防災・科学・資源調査に活躍する世界最大級の海洋研究船「ちきゅう」にまつわる計測技術について、JAMSTEC 許正憲上席研究員に解説頂きました。また国際海洋掘削プロジェクトと観測装置展開の現場について東京海洋大学の尾張聡子先生に紹介いただきました。講演会終了後は「ちきゅう」の見学会を行いました。

      テーマ

      • 「地球深部に迫る極限海洋計測技術」

      開催概要

      • 日時:2019年7月29日(月) 14:00~ (13:30 清水駅集合)
      • 場所:静岡県 清水港興津第2埠頭 地球深部探査船「ちきゅう」 コンファレンスルーム

      プログラム

      • 開催挨拶/幹事 許正憲
      • 講演1「深海掘削孔内観測システム」/許 正憲:JAMSTEC・研究プラットフォーム運用開発部門・上席研究員
      • コーヒーブレイク
      • 講演2「深海掘削と地球化学」/尾張聡子:東京海洋大学・学術研究院 海洋資源エネルギー学部門・助教
      • ちきゅう見学会
      • 交流会(会費制)
      講演の様子 講演の様子 見学の様子 見学の様子

      平成30年度第3回先端深海観測技術研究会

      平成30年度の第3回研究会を、「SIP第2期 革新的深海資源調査技術について」というテーマで、海洋研究開発機構(JAMSTEC)東京事務所にて開催しました。SIP第1期「次世代海洋資源調査技術」における水深2,000m以浅の海底熱水鉱床を主な対象とした成果を活用し、SIP第2期ではこれらの技術を段階的に発展・応用させ、基礎・基盤研究から事業化・実用化までを見据え、2,000m以深での深海資源調査技術、回収技術を世界に先駆けて確立・実証するとともに社会実装の明確な見通しを得ることが計画されています。今回は、JAMSTECにおいて実際にSIP第2期のプロジェクト全体および深海資源調査技術・生産技術に関わっておられる、後藤真也ユニットリーダー、吉梅剛ユニットリーダー、宮崎英剛グループリーダーにお話を伺いました。SIP第2期の全体像から、新たなAUVを用いた調査技術の展開、そして未だ未知の点も多いレアアース泥の生産技術などについて貴重なお話を伺うことができました。

      テーマ

      • 「SIP第2期 革新的深海資源調査技術について」

      開催概要

      • 日時:2019年1月30日(水) 15:00~ (14:30 受付開始)
      • 場所:海洋研究開発機構(JAMSTEC)東京事務所 共用会議室A

      プログラム

      • 開催挨拶/代表幹事 藤井輝夫
      • 講演1「SIP(第2期)革新的深海資源調査技術について」/後藤真也 JAMSTEC・SIP企画調整ユニット・ユニット長
      • コーヒーブレイク
      • 講演2「深海資源調査技術の開発」/吉梅剛 JAMSTEC・革新的AUV開発ユニット・ユニットリーダー
      • 講演3「深海資源生産技術の開発(レアアース泥の採泥、揚泥技術)」/宮崎英剛 JAMSTEC・地球深部探査センター・グループリーダー
      • 交流会(会費制)
      講演の様子 講演の様子 講演の様子

      平成30年度第2回先端深海観測技術研究会

      「新たな海洋計測のデザイン」をテーマにして、先端深海観測技術研究会の平成30年度第2回研究会を東京大学生産技術研究所で開催しました。東京大学生産技術研究所の野城智也教授のイノベーションプロセスに関する講演から始まって、RCAxIIS Tokyo Design Lab(通称、デザインラボ)の様々な活動と、その中のユニークな研究プロジェクトの一つである大規模海洋観測プロジェクトOMNI(Ocean Monitoring Network Initiative)を、デザインラボのマイルス ペニントン教授とクリスチャン フェルスナー特任研究員が紹介しました。参加者には実際に試作、試験している装置の実機を見て触っていただきながら、デザインラボならではの研究方法やアプローチが示されました。また、その他のデザインラボの活動紹介のため、展示スペースに移動して、実際のプロトタイプやデモンストレーションをご覧いただきました。

      RCAxIIS Tokyo Design Labウェブサイト

      テーマ

      • 「新たな海洋計測のデザイン」

      開催概要

      • 日時:2018年10月24日(水) 14:00~ (13:30 受付開始)
      • 場所:東京大学生産技術研究所 S棟2階ギャラリー S-2

      プログラム

      • 開催挨拶/代表幹事 藤井輝夫
      • 講演1「イノベーションとデザインラボ」/野城智也 東京大学生産技術研究所・教授
      • コーヒーブレイク
      • 講演2「大規模海洋調査プロジェクトOMNI」/マイルス ペニントン 東京大学生産技術研究所・教授
      • OMNIデモンストレーション/クリスチャン フェルスナー 東京大学生産技術研究所・特任研究員
      • RCAxIIS Tokyo Design Labの紹介と見学/代表幹事 藤井輝夫
      • 交流会(会費制)
      研究会の様子 試作したOMNIデバイスの実演 デザインラボの見学

      平成30年度第1回先端深海観測技術研究会

      先端深海観測技術研究会の平成30年度第1回研究会を東京大学生産技術研究所で開催しました。平成30年度初回の研究会となる今回は、平成30年度に公募された文部科学省海洋資源利用促進技術開発プログラム「海洋情報把握技術開発」に採択された3課題の課題代表の先生方を講師としてお招きし、これから始まる5ヶ年の研究計画などを本会会員の皆様にご紹介いただきました。

      テーマ

      • 「これからの海洋状況把握と先端技術」

      開催概要

      • 日時:2018年8月7日(火) 15:00~ (14:30 受付開始)
      • 場所:東京大学生産技術研究所 C棟 2F ラウンジ

      プログラム

      • 開催挨拶と今年度の計画/東京大学生産技術研究所 教授 藤井輝夫
      • 会員企業様 自己紹介
      • 講演1「海洋生物遺伝子情報の自動取得に向けた基盤技術の開発と実用化」/東京大学 教授 濱崎恒二
      • コーヒーブレイク
      • 講演2「ハイパースペクトルカメラによるマイクロプラスチック自動分析手法の開発」/海洋研究開発機構 分野長 藤倉克則
      • 講演3「BGC-Argo 搭載自動連続炭酸系計測システムの開発」/東京大学 教授 茅根創
      • 閉会挨拶/海洋研究開発機構 福場辰洋
      • 交流会
      研究会の様子 研究会の様子 交流会の様子

      第3回先端深海観測技術フォーラム

      「ポスト海中観測へのパッションとファッション」をテーマにした、第3回先端深海観測技術フォーラムが開催されました。

      テーマ

      • 「ポスト海中観測へのパッションとファッション」

      開催概要

      • 日時:2018年3月16日(木) 14:00~17:00
      • 場所:グレース浜すし(高知県南国市)

      平成29年度第2回先端深海観測技術研究会

      先端深海観測技術研究会の平成29年度第2回研究会をシェラトン沖縄サンマリナーリゾートで開催しました。今回は特別イベントとして、沖縄科学技術大学院大学(OIST)、琉球大学・瀬底研究施設の見学会も実施しました。

      テーマ

      • 「沖縄における海洋研究」

      開催概要

      • 日時:2017年11月27日(月)、28日(火)
      • 場所:シェラトン沖縄サンマリナーリゾート、沖縄科学技術大学院大学(OIST)、琉球大学瀬底研究施設

      プログラム

      • 2017年11月27日(月)
      • 開会挨拶/東京大学生産技術研究所 特任講師 西田周平
      • 講演1「海洋プランクトンの観察・同定に関するご講演」/マリー・グロスマン 元OIST研究員
      • 休憩・意見交換会
      • 講演2「瀬底におけるサンゴ礁研究に関するご講演」/藤村弘行
      • 閉会挨拶
      • 沖縄科学技術大学院大学(OIST)見学会
      • 交流会(懇親会)
      • 2017年11月28日(火)
      • 琉球大学 瀬底研究施設見学会
      研究会の様子 沖縄科学技術大学院大学(OIST)見学会の様子 琉球大学瀬底研究施設見学会の様子

      平成29年度第1回先端深海観測技術研究会

      先端深海観測技術研究会の平成29年度第1回研究会を東京大学生産技術研究所で開催しました。 今回は「海洋観測技術のフロンティアを探る研究会」との共催イベントとして行われました。

      テーマ

      • 「海洋観測における新しい課題」

      開催概要

      • 日時:2017年8月23日(水) 13:30~
      • 場所:東京大学生産技術研究所 第3会議室 Fw-701/702

      プログラム

      • 開会挨拶/東京大学生産技術研究所 教授・所長 藤井輝夫
      • 講演1 海洋マイクロプラスチック汚染の概観と計測法の問題点」/東京農工大学農学部 教授 高田秀重
      • 休憩・意見交換会
      • 講演2「4Deep Inwater Imagingのご紹介」/東陽テクニカ 海洋計測部 奥村智
      • 講演3「深海海水を対象としたフローサイトメトリーの利用」/東京大学理学部 助教 砂村倫成
      • 閉会挨拶/東京大学生産技術研究所 特任講師 西田周平
      • 交流会(懇親会)

      第2回先端深海観測技術フォーラム

      「日の丸海中調査産業。グローバル化?ガラパゴス化?」をテーマにした、第2回先端深海観測技術フォーラムが開催されました。

      テーマ

      • 「日の丸海中調査産業 グローバル?ガラパゴス化?」

      開催概要

      • 日時:2017年3月17日(木) 13:00~17:00
      • 場所:ホテル日航高知旭ロイヤル(高知県高知市)

      第2回先端深海観測技術フォーラム(高知大学ウェブサイト)


      平成28年度第2回先端深海観測技術研究会

      先端深海観測技術研究会の平成28年度第2回研究会を東京大学生産技術研究所で開催しました。

      テーマ

      • 「いろいろな海洋計測技術」

      開催概要

      • 日時:2017年1月16日(月) 13:30~
      • 場所:東京大学生産技術研究所 中セミナー室4 As311/312

      プログラム

      • 開会挨拶/東京大学生産技術研究所 特任講師 西田周平
      • 講演1「底温度計測から探る、巨大地震の場・海底熱水活動の場」/東京大学地震研究所 教授 木下正高
      • 休憩・意見交換会
      • 講演2「海洋計測のスゝメ」/高知大学 教授 岡村慶
      • 講演3「海洋観測機器のご紹介」/株式会社イーエムエス 山田直介・坪井裕樹
      • 閉会挨拶/東京大学生産技術研究所 教授・所長 藤井輝夫
      • 交流会(懇親会)

      平成28年度第1回先端深海観測技術研究会

      先端深海観測技術研究会の平成28年度第1回研究会を東京大学生産技術研究所で開催しました。 今回は「深海観測センサーオーバービュー」をテーマにして、研究会幹事による講演、会員企業様からの事業・技術紹介、深海観測センサーに関する討論が行われました。

      テーマ

      • 「深海観測センサーオーバービュー」

      開催概要

      • 日時:2016年8月4日(木) 13:30~
      • 場所:東京大学生産技術研究所 第3会議室Fw701/702(研究会)、E棟ラウンジ(交流会)

      プログラム

      • 開会挨拶/東京大学生産技術研究所 特任講師 西田周平
      • 研究会のご紹介/東京大学生産技術研究所 教授・所長 藤井輝夫
      • 講演1「深海観測センサーレビュー」/海洋研究開発機構 技術研究員 福場辰洋
      • 講演2「会員企業ライトニングトーク」
      • 総合検討会/話題提供 高知大学 准教授 野口拓郎
        • (話題1)現状の国内販売化学センサーのリスト
        • (話題2)来るポストSIP(リアルな資源開発)時代を考えた場合の産業構造
      • 閉会挨拶/海洋研究開発機構 技術部部長 許 正憲
      • 交流会(懇親会)
      研究会の様子

      第1回先端深海観測技術フォーラム

      「海底鉱物資源開発時代に向けて深海調査技術産業化を考える」をテーマにして、第1回先端深海観測技術フォーラムが開催されました。

      テーマ

      • 「海底鉱物資源開発時代に向けて深海調査技術産業化を考える」

      開催概要

      • 日時:2016年3月3日(木) 13:00~17:00
      • 場所:ホテル日航高知旭ロイヤル(高知県高知市)

      第1回先端深海観測技術フォーラム(高知大学ウェブサイト)